産後の骨盤矯正の方法|無理なく継続することが大切

出産前の体型に戻るため

ダイエット

女性の体は、妊娠と出産により大きく変化します。妊娠すると出産に向けて骨盤が広がっていき、出産時に最大になります。産後、半年ほどかけて自然に骨盤はしまってきますが、骨盤矯正をすることでもとの体型や体重に戻りやすくなります。産後の骨盤矯正の方法としては、整体やエステサロンに通う方法、専用のベルトやガードルなどを使う方法、体操などによる方法などがあります。整体やエステサロンなどを利用するのが最も効果がありますが、ガードルや体操なども併用するように工夫すると戻りが早くなります。ガードルやベルトを利用する際は、一度専門家に付け方を習うといいでしょう。正しい位置に着けないと効果が低いばかりか、逆効果になるおそれもあります。

整体やエステサロンなどを利用した産後の骨盤矯正は、産後一ヶ月後から六ヶ月までの間に行う方が効果が高いという特徴があります。なぜかというと、産後半年までならば骨盤が動きやすく、もとに戻りやすいためです。また、産後一ヶ月ほどは、出産のダメージから体が回復しておらず、無理に体を使ったりすると後々何らかの形で障害や症状がでてくるおそれがあります。そのため、整体やエステサロンでの骨盤矯正は一ヶ月検診でドクターから許可をもらってからのスタートにしましょう。骨盤ベルトをガードルなどは、産後すぐから行うことが可能です。体操なども、産後すぐからできるものもあるので、助産師や看護士に教えてもらって行うとよいでしょう。