産後の骨盤矯正の方法|無理なく継続することが大切

骨盤を正してスリムに

ウエスト

出産すぐは安静に

出産してまもない女性の体は、とても大きな仕事を終えてガタガタの状態です。特に産後1ヶ月の間は、できるだけ安静に過ごす必要があります。出産をすると、骨盤が広がった状態になりますので、体型を少しでも早く戻そうと骨盤矯正を意識する人がいます。しかし、悪露がたくさん出ている状態だったり、体力が戻っておらずに気分が優れない時は、無理に骨盤矯正を行わないことが大切です。あまり無理をして体を締め付けるようなことがないように、負担の少ない方法で骨盤矯正をしていくのが良いです。始めは、産後すぐにベッドの上でも出来る産褥体操というものをすると良いです。産褥体操であれば、楽な状態で体を動かしてリフレッシュすることができます。

接骨院や整体の利用

産後の産褥体操にも慣れてきて、体も徐々に動けるようになってきたら、本格的な骨盤矯正に取り組むと良いです。最近では、産後すぐから巻ける骨盤ベルトがあり、病院でも購入して入院中に使用することもできます。正しい巻き方も病院で教えてくれることもありますので、産後の体の状態が安定している人は積極的に使うと良いです。しかし、焦って使用することはないですので、体調を見て使用するのが大事です。また、骨盤矯正のためにプロの力を借りるのも賢い方法の一つです。施術料はかかりますが、接骨院や整体で骨盤矯正をしてもらうことで、体の歪みをしっかりと正すことができます。また最近では、妊娠期から利用できるマタニティ整体をしている所もあり、産後の骨盤トラブルを事前に予防することも可能です。