産後の骨盤矯正の方法|無理なく継続することが大切

ダイエット

出産前の体型に戻るため

産後は骨盤が開ききっているため、整体などの専門家の手を借りたり、ベルトやガードルといった用具を使ったり、体操をしたりして骨盤矯正を行うと体重も体型も戻りやすくなる。専門家の手を借りるときも体操などを併用するとよい。また、産後半年までが特に効果が高いため、その時期に行うとよい。

More Detail

骨盤ケアはしっかり行おう

ノート

骨盤のゆがみを治そう

妊娠中は体重は増える傾向にありますが、出産後は育児の忙しさもあり、短期間に体重を戻せる人も少なくありません。とはいえ、体重が戻ったものの、体型が元に戻らず悩む人は少なくありません。産後はお腹周り、ヒップ周りなども大きくなりがちですが、これは産後に歪んでしまった骨盤が元の位置に戻っていないことがあげられます。美しいスタイルにするためにも便秘や冷え、腰痛などの不調を改善するためにも骨盤矯正はしっかり行っておくことが大切です。骨盤の開きやゆがみを改善しないと血流も悪くなり、脂肪も燃焼しづらくなってしまいます。出産後1ヶ月程度は安静に過ごしていきたいですが、体調が改善してきたら2ヶ月目ぐらいからも骨盤矯正を行うことができます。

様々な矯正方法があります

産後の骨盤矯正にも様々な方法があり、手軽に行える方法では自宅で行える骨盤矯正エクササイズ、ストレッチなどがあげられます。このほかの方法では骨盤矯正効果のあるベルトやインナーも着用するだけで手軽にケアを行うことができます。自宅で行える運動も良いですが、ヨガやピラティスなどの本格的なレッスンで改善していくこともおすすめです。より早い改善を期待するのであれば、整体院やマッサージサロンによる矯正も利用してみてはいかがでしょうか。プロによる施術を受けることでしっかりと歪みを整えていくことができます。産後6ヶ月もすると骨盤も閉じて矯正の効果も出にくくなってしまいますので、それまでにはきちんと矯正しておきたいところです。

出産した後に必要なケア

肥満

産後の回復し切らないうちの骨盤矯正では、ガードルや下着のように装着するだけのものや座るタイプのクッションがお勧めです。矯正用のグッズは体調や目的に合わせて使い分けることが重要であり、動けるようになったらストレッチを導入するのも効果的です。

More Detail

骨盤を正してスリムに

ウエスト

産後すぐの体は、かなりのダメージを受けています。そのため、骨盤矯正などは体調が安定してから行うと良いです。本格的な骨盤矯正を行いたい時は、接骨院や整体などを利用すると良く、妊娠期にできる整体もあるので、利用すると便利です。

More Detail